家屋の天井からの物音|ゴキブリが住みやすい環境を作ってはいけない|退治して清潔な環境へ

ゴキブリが住みやすい環境を作ってはいけない|退治して清潔な環境へ

紳士

家屋の天井からの物音

いたち

安心した暮らしに向けて

家屋の天井裏から大きな物音がしたり、天井にシミが出てきた場合は、イタチが住みついた可能性があります。都市部では、年々イタチ被害が増加していますが、その多くがチョウセンイタチと言われています。イタチの繁殖期は、春から夏にかけてですが、こういった時期に、家屋の天井裏などに住み着くことがあると言われています。また、寒くなり始める秋にかけても、断熱性のある暖かい天井裏も、イタチが住み着く可能性があります。イタチは雑食性の動物で、主にネズミや昆虫などを食べます。イタチが屋根裏に住み着きますと、大きな物音で睡眠を阻害されたり、糞尿などの汚れや断熱材を用いて営巣したりしますと、家屋に大きな被害を与えることになります。そうなる前に、適切なイタチ駆除が必要となります。

長期の安心した生活の確保

イタチが屋根裏に住み着いた場合は、適切な方法でイタチ駆除を行う必要があります。イタチは3センチほどの隙間を抜けることができますので、一時的に駆除しても、再び戻ってくる可能性もありますので、こういった隙間も適切に処理する必要があります。特にイタチは縄張り意識が強いため、排泄物が残っていますと、縄張りだと認識して、再侵入する恐れがあります。イタチは嗅覚が発達していますので、忌避剤や木酢液の臭いを苦手にしていますので、侵入口を発見しましたら、これらを設置することはイタチ駆除として有効とされています。しかし、他に侵入口があった場合は、再び侵入してくることになりますので、中途半端なイタチ駆除でなく、専門業者に依頼した適切なイタチ駆除が望ましいです。専門業者の場合、追い出した後の清掃や消毒も徹底されますので、イタチの縄張り意識も排除することができます。また、イタチ駆除では、地域によっては各自治体への捕獲許可申請などを必要とする場合もありますので、こういった手続きも専門業者は、スムーズに行うことができます。こうして、専門業者によるイタチ駆除によって、長期的な安心した生活が約束されます。