ゴキブリが住みやすい環境を作ってはいけない|退治して清潔な環境へ

女の人

習性を知ること

ゴキブリ

好まない環境づくり

ゴキブリを繁殖させないためには、住み着きやすい環境をなくし、駆除・退治後には再来しない対策も必要です。ゴキブリは狭い・暗い・湿気などの場所を好むため、風呂場やトイレなどの昼間でも薄暗い環境を好みます。ゴキブリを防ぐ工夫として、トイレマットやタオルなどの確認が挙げられます。湿った布は意外にもゴキブリが現れる原因になる場合があるのです。また、靴下などの汚れものや、エチケットボックスのゴミは溜めこまないことも大事です。特に食べこぼしなどの衣類は、すぐに洗濯することがポイントです。また、狭い場所を気に入る習性を利用して、便座の後ろや洗濯機の側面などに照明やライトを付けて暗くしないことも対策方法として良いでしょう。奥まった所には毒餌式殺虫剤を仕掛け、その他には高濃度のアルコールスプレーによって神出鬼没するゴキブリの動きを抑制させることも大切です。

体の構造

飲食店や家の中にも出没するのがゴキブリです。逃げ足が早いので、確実に退治・駆除するには専門業者に任せた方がよいでしょう。費用が掛かるイメージがありますが、追加料金なしでサービスを提供する業者が多くなっています。どうしても利用料金が気になる場合には、事前に見積もりを行なってくれる業者を利用すると良いでしょう。見積もりの際には、駆除する時に使う薬剤や駆除のフローについて説明してくれます。この時点で何かわからないことがあれば、どんどん質問すると良いでしょう。また、施行後にはゴキブリがいないか調査してくれるので、ゴキブリを半永久的に再来させない環境を作ってくれます。

自分で自分の家を守る

白蟻

シロアリ退治は業者に依頼するものだというイメージがありますが、多くのシロアリ退治のための商品がホームセンターなどで販売されています。それを利用することで費用をかけなくても、自分自身で自分の家を守ることができるようになります。

詳細を読む

時期を見計らって退治する

ハチの巣

冬になった蜂の巣はアシナガバチやスズメバチはいなくなるため、空の状態となります。巣の撤去だけであれば冬場に行うのがいいでしょう。最も危険なスズメバチは、春先の4〜5月に駆除することがおすすめです。

詳細を読む

家屋の天井からの物音

いたち

近年、都市部にイタチが出没して、家屋の屋根裏などに営巣することが多くなってきました。その場合、物音や糞尿による被害が出て、安心した暮らしを送ることができなくなります。そこで、専門業者にイタチ駆除を依頼することで、イタチの再侵入を防止したうえで、清潔な環境を取り戻し、安心した生活が確保されます。

詳細を読む